スポンサーリンク

WP情報

Let’s Encryptを使用した常時SSL化を行ってみた。

Posted on

現在契約しているフレンドサーバー
は全プランでLet’s Encryptでの常時SSL化が可能でしたので常時SSL化してみました。

無料SSL「Let’s encrypt」の導入方法
に従えば、コントロールパネルだけで対応できるので容易に出来るかと思います。

サブドメイン型のマルチサイトを作成している場合は
コントロールパネルでサブドメインを追加しているかと思いますので
全てにLet’s encryptを設定する必要があります。(多分)

この設定だけで
httpsでサイトにアクセスして
表示されれば第一段階クリア。

あとはWordPress側での設定となります。

マルチサイトのWordPressの場合は
通常の方法での「siteurl」と「home」の書き換えは行えず、
サブブログ側は「サイトネットワーク管理」⇒「サイト」⇒(該当するブログの)編集
で編集画面に入り「情報」タブの「サイトアドレス (URL)」をhttpsに変更。

親ブログのURLの変更は…方法が判らなかったので
phpmyadminで直接オプションテーブルの
「siteurl」と「home」を書き換えてしまいました。
(…どこに設定あるんでしょ???)

後はhttpsにリダイレクトさせるために
.htaccessに

RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

とhttpsへリダイレクトさせる処理を書き込んで下さい。
(記述しているリダイレクト処理より上に追記する必要あり)

あとは…アクセスして緑マークになれば終了。
もし、緑マークにならない場合は
画像とかのリンクがhttpのままの可能性があります

「Search Regex」プラグインを導入して
httpsへ置換する必要があります。
手順は…
SSL化に便利!「Search Regex」でURLの置き換えをしてみよう
…など詳しく解説されているサイトがありますので
そちらを参照ください。(←説明面倒になってきた 笑)

今回、作業を行った際に自分が引っかかったのは
アフェリエイト系のリンクもhttpsに
変えなくてはいけなかった事です。
どのリンクの所為で緑マークにならないのか?
の確認はFireFoxを使用すれば可能です。
(というかGoogle Chromeでの確認方法を教えてください 汗)

…以上で終了です。

Let’s Encryptは
フレンドサーバーのようにサーバーとして対応しているところもありますし、
SSL証明書持ち込みが可能なレンタルサーバーだったら導入できます。
2018年7月リリース予定のChrome 68でhttpサイトには警告が出るようになりますので
もし契約サーバーが対応しているならば導入する事をお勧めいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM対策 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.