スポンサーリンク

wp_list_authorsで特定のユーザーを指定する/特定のユーザーを除外する

wp_list_authorsは投稿者一覧を表示するテンプレートタグですが
Ver3.9からexcludeとincludeのパラメーターがやっと追加されました。
それを設定するとユーザーを指定することが可能です。

例)ユーザーID:1のみ取得する

$args = array(
	'include' => array(1)
);
wp_list_authors($args);
例)ユーザーID:1を除外する

$args = array(
	'exclude' => array(1)
);
wp_list_authors($args);
複数指定の場合はカンマ区切りにしてあげればOK。
例)ユーザーID:1と2と4のみ取得する

$args = array(
	'include' => array(1,2,4)
);
wp_list_authors($args);

上記の説明ではarray使用して配列で指定していますが
文字列のカンマ区切りで渡しても大丈夫です。

本来wp_list_authorsのinclude、excludeは文字列がデフォルトなのですが
wp_list_authors関数は結局その中でget_users関数を使用し、
パラメータを経由しているだけなので
get_users関数のデフォルトである配列を使用して説明しました。

※尚、文字列でもget_usersから後に呼ぶ
wp_parse_id_list関数の中で配列化しています。