スポンサーリンク

ログインなしで限定公開できるプラグイン

更新記事を確認してもらう時に便利そうなプラグインの紹介。

今までログインしてもらって確認してもらうとか
場合によっては記事をパスワード保護しておいて、
パスワード入力してもらって確認してもらうとかやっていたのですが、
このプラグインを使用すると下書き状態の記事が限定公開出来ます。
(後述しますが、デフォルトで48時間の限定公開)
作成されたURLを確認相手に伝えるだけでOKと確認作業が非常に楽になります。

使い方は・・・検索すれば出てきますので割愛します。笑
適用するだけでなんとなく使えると思います。

他の方のブログです。
delaymaniaさんの記事

以下本題。

このプラグイン作者様はしっかりapply_filtersを使用し
プラグインを作られておりますので
テーマのfunction.phpからの修正が出来ます。

プラグイン独自のフック
ppp_preview_link・・・プレビュー用のリンクURL表示時のフィルターフック
ppp_nonce_life・・・表示時間の変更用のフィルターフック(正確にはwp_hashの数字作成)

リンクに更にパラメーター付けたい場合などは
ppp_preview_linkフックを使用出来ます。
またppp_nonce_lifeをフックを使用すれば
限定公開の時間を操れます。

add_filter( 'ppp_nonce_life', 'mee_site_nonce_life' );
function mee_site_nonce_life() {
    return 60 * 60 * 24;
}

とすれば24時間のみの限定公開とか可能・・・
って、このことプラグインのFAQに書いてありました・・・orz

えっと・・・今回、このプラグインの中身を見て初めて知ったのは
「post_submitbox_misc_actions」というフックが使用されています。
公開ウィジットの部分に何か追加する場合はこのフックを使用すれば良さそうです。

また「wp_ajax_public-post-preview」というフックも使われていますが
プレビュー用のフックなのかな???
do_actionの場所が判らなかったので推測ですが・・・

とにかく、時間もフックで自由に扱えますので
確認用の限定公開などで使用する場合にお勧めのプラグインです。
是非ご利用くださいませ。

[`evernote` not found]