スポンサーリンク

雑感

OS XのUpdateに失敗してHDDが認識しなくなってから復活するまでの記録

Posted on

自分は日頃はWindowsユーザーであり
MacBook Proを持ってはいるのですがiPhoneやiPadの母艦としてしか使用しておらず
実情ほとんど、動かしていませんでした。
(本当はiPhoneアプリを作る為に買ったのですが・・・ 笑)

で、久々に起動したらアップデートの通知が来ていたので
何も考えずにアップデート・・・ん?なんかいつもと動き違う???
再起動・・・ってなんでStartup Managerが立ち上がる???
って?は!?どういうこと!?・・・なんでHDDマウントされとらんの???
HDDがいきなりご臨終???
物理的に???いやいやそれはあり得んくない???
はぁあぁぁ~!?!?・・・とかなりパニクリました。 笑

通常はここまで焦る必要は無いです。
そう!ちゃんとTime Machineでバックアップ取っている方であれば!
もし物理的にHDD壊れていたとしてもお財布的には痛いですが、
新たにHDD購入してTime Machineから復元すれば良いだけです。

=ここまで焦る理由としては・・・そうです!
まったくTime Machineなどのバックアップを取っていなかったのですorz

iTunesの購入した音楽やアプリは再ダウンロードすれば問題ないのですが、
iPhoneで今まで撮り貯めていた写真や動画が消えたのが痛すぎる・・・ヽ(TдT)ノアーウ…

って事で即効Genius Barで予約してAppleStoreで見てもらいました。

※以下会話(記憶なので曖昧かつ詳細は省いてます)

スタッフ「今日は、どういった内容でしょうか?」
自分「OSが起動しなくなりましたぁ」
スタッフが起動させるも最初のリンゴマークで読み込み中のまま・・・
自分「・・・(心の声:あれ?自分の時はStartup Manager出たんだけど・・・)」
スタッフ「どういう操作を行いましたか?」
自分「えっと・・・OSアップデートしただけです」
スタッフがなんか操作して、CUI上で文字出して
スタッフ「・・・OSは最新ですね」
自分「はぁ・・・(心の声:だからそのアップデートを失敗したんだってば・・・」
スタッフ「ちょっとこちら側から起動しますね」
自分「???」
(推測ですが)ネットワーク経由から起動、知らないデスクトップが立ち上がる。
スタッフ「こちらからだと大丈夫ですね」
自分「・・・はぁ」
Startup Managerを起動させて
スタッフ「やはりマウントが出来ませんね。原因はHDDですね」
自分「はぁ(心の声:・・・え?、まだそこ???)」
スタッフ「バックアップとかは?」
自分「いや、Time Machineをいつかは・・・とは思っていたのですが・・・何とかなりませんか?復旧とか?」
スタッフ「この場合無理ですね」
自分「えぁ~!ここだったら出来るかなぁって思ってたのに~。じゃあ、復旧させたい時はどうすればいいの?データ復旧業者とか?」
スタッフ「まぁ・・・そちらはお値段的に高額ですので市販のソフトウェアでも多分いけると」
自分「それって何処で買うんですか?Macのストアアプリ?それとも市販?」
スタッフ「市販であると思います。」
自分「はぁ・・・ちなみにHDDの交換とかって幾ら位?」
スタッフ「この場合ですと・・・」
持っているiPadのキーボードなど叩いて
スタッフ「HDD台が1万〇〇円(正確な金額は失念)・・・で
この場合交換前のHDDをお客様の方で買取となりますので
3万〇〇円(正確な金額は失念)となりますが・・・どうされます?」
自分「・・・(心の声:高!復旧も行ってくれないなら自分でやるかぁ)あ、わかりましたぁ・・・自分でやります。」
スタッフ「その場合、保障外になりますし静電気とかで最悪壊れますよ?」
自分「あ、(心の声:この時期静電気ってあまり関係なくない?)大丈夫ですぅ。ありがとうございましたぁ」
スタッフ「あ、はい。お役に立てなくて申し訳ありませんでした」

・・・と、以上がGenius Barでのやりとりです。

物理的に壊れていないのならば
Genius Barで裏技的に何か出来るのかと少々期待していましたが、
まぁ基本的にバックアップは取っておけって事ですねorz
・・・結局、何も収穫が無いまま自分で何とかすることに。

現状のHDDにクリーンインストールするとデータのサルベージが出来ませんし
HDDの物理的破損の可能性も捨て切れませんので別途HDD・・・
いや、どうせならばSSDにしよ!!(興奮←もはや意味合いが変わって来てる 笑)
と、早速SSD(240GB)とTime Machine用に内蔵用HDD(3TB)と外付け用のHDDBOXを購入。
全部で2万6000円ぐらいでした。
(データ復旧に関してのアプリは探しましたが
Mac対応のが置いていませんでしたので後から考えることにしました。)

HDDの換装は別MacBookで既に体験済且つ道具も持っていました。
(※交換にはT-6のトルクスドライバーが必要です。)
早速SSDに交換してクリーンインストール。
(CDとか無くてもネットワーク経由でインストール可能)
あっという間に起動するMacBook Proが出来あがり~。(もちろん昔のデータは無し)

これであとは取り外したHDDから
最悪iPhotoのデータだけでも(出来ればiTunesのデータやその他データも)
引っ張り出せれば良いのだけど・・・って、
マウントどころかMac上から認識してくれないのにサルページとか出来るのか???
(そもそも物理的損傷ならばどうしようもないが・・・)
で、困った時は検索!とネットを徘徊。

あ、WindowsからMac用フォーマット形式(Mac OS拡張(ジャーナリング))を
読めるフリーソフトがあるのね・・・

HFSExplorer

まぁ駄目もとで落として試してみると
おぉ!HDDの中身が見事に見れました ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
(=復元ソフト要らないってことが判った)

デフォルトで
Users/(ユーザー名)/Pictures/iPhoto Library

がiPhotoのデータなので、ちょっと面倒くさいのですが
旧Mac内臓HDD⇒WindowsPCのHDD⇒USBメモリ⇒新Macの内臓SSD
と移してiPhoto起動!おぉ読めたぁv(。・ω・。)ィェィ♪

次はiTunesのデータなのですが・・・
SSDの240GBだと前のHDDから半分以下に容量が減ってしまったので
iTunesデータをそのままSSD入れる事が出来ませんでした 笑
なので、購入した3TBHDDをHDDBOXに入れた外付けを繋げて
ディスクユーティリティを起動させ2パーティションに区切ってフォーマット。
1.5TBをTime Machine用、もう片方の1.5TBをiTunes用として使用することにします。

デフォルトで
Users/(ユーザー名)/Music/iTunes

これは容量大きくて、ほんと面倒くさかったですが
旧Mac内臓HDD⇒WindowsPCのHDD⇒USBメモリ⇒新Macに繋げた外付けHDD
optionキー押しながらiTunesを起動するとライブラリ選択になるので(iPhotoも同様に可能です)
外付けHDDに移動させたiTunesを指定させ起動。無事にiTunesも復活v(。・ω・。)ィェィ♪

あとはその他の細かなデータを
旧Mac内臓HDD⇒WindowsPCのHDD⇒USBメモリ⇒新Macの内臓SSDでそれぞれ移して・・・
無事、完全体(というかSSDに変えたので進化体? 笑)となりましたぁ ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

以上が今回の記録となります。

結果的にSSDなど購入したので出費が痛かったのですが、
仮に3万で修理に出していたとしても
HDDの500GBが交換され、古いHDDが手元に残るだけ、
性能UPは出来なかったでしょうから
(さらにTime Machine用にHDDを購入が必要だったし)
それに比べれば十分安く抑えられたと思います。

ま、「SSDに換装+Time Machineでバックアップ取るようになった」と考えれば
今回の件は逆に良かったのかな?と勝手に結論付けております。
(もし、サルベージ失敗してたら・・・と思うと本当はヒヤヒヤ物でしたが 笑)

とにかく!
教訓としては「バックアップは面倒くさがらずにちゃんと取りましょう!」
って事ですね。。。勉強になりました(;^_^A アセアセ・・・

[`evernote` not found]

This entry was posted in 雑談.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM対策 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.