スポンサーリンク

雑感

phpの参照代入について

Posted on

リニューアル前にポインタの事を記事に書いた事があるのですが
似たような記事で面白いなぁと思ったので紹介。

PHPとかいう糞言語|いんまのブログ

確かに、C言語のポインタの考え方だと
記事の通り結果が謎なんだと思います。

詳しい仕様の解説は

配列とリファレンスの奇妙な動作【PHP】 – Programming Magic

に書かれています。

まぁ、個人的には「違い」さえ知っていれば問題ないと思います。
(自分は触れる言語が少ないですが)
大事なのは言語間の差異を理解しておくことなんだと思います。

最初のブログの方がマトメで書かれていますが、
キッチリ書きたい時はCと…
確かに全部自分が把握したうえで書くというのはCなのかもしれません。
ただ、良く悪くも自己管理、自己責任。

C++で業務アプリやってた頃はメモリ絡み、
あと特殊な業種アプリだった為、
小数桁の丸め絡みで結構苦い経験してきました。
細かく制御できる分、やはり大変で難しいものです。

ただ、Web系の担当になり
WordpressをキッカケにPHPを触り始めましたが、
正直、メモリの事をCの時ほど気にしていませんし
(そもそも変数型が厳格ではないので)
プラグイン、テンプレート等作成していて
小数桁の丸め云々なんてものは考えた事無いです。

つまり、何が言いたいか纏めると

「作る目的別で習得する言語は変わるんじゃないかな?」

という事。
Web系やるのに無理やりCでの作成は普通は考えないと思います。
(もちろん学習、研究では良いと思います。あくまで実務でってこと)

なので、組み込み系の業種目指すならばCからだと思いますが、
Web系を初めから目指している方はPHPからでも全然構わないと思います。

ブログを読んだ時にそう感じました。
全然まとまってないけど、そんな感じですw


This entry was posted in 雑談.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM対策 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.